面接

好まれる自己PRとは
志望動機は重要
説明会は何度も行く?
企業説明会のマナー
メールの一般常識
セミナーとは
応募方法とは
面接で気をつけること
履歴書を使いまわし?
履歴書をコピー?

就職活動メールの一般常識

就職活動を行う際、企業とメールでのやり取りをする機会が意外と出てきます。
手紙ほどではありませんが、メールにおいてもある程度のマナーがあります。
まずは基本的過ぎるものかもしれませんが、携帯メールでのやりとりに慣れている場合に忘れがちなことからいくつかご説明します。

☆送信メールが『誰宛』のものなのかを明確にしましょう。
通常メールのやり取りをする場合は誰宛なのかが明確で、その相手に送るものになりますので意外と気にしないことが多いですが、多くの方が勤めている企業宛のメールの場合は
受取手が明確になっていないと、相手の手を煩わせることになりますので気をつけましょう。
『株式会社○○人事担当 △△様』
株式会社を㈱というように簡略化したり、『株式会社○○』なのか『○○株式会社』なのかもきちんと間違えないように確認をしておきましょう。

☆メールでは用件、自分の名前と連絡先のみを簡潔に記載しましょう。
メールでは手紙のような時候の挨拶や、「拝啓」「敬具」などは必要ありません。
『○○大学△△学部の□□花子と申します。突然のメールで申し訳ありません。』などというように、名前を名乗り本題に入りましょう。

☆最後にもう一度名乗り、アドレスや携帯電話の番号などの連絡先を明記しましょう。
はじめに名乗ってはいますが、最後に改めて名前と共に連絡先もきちんと明記しましょう。
『□□花子(○○大学△△学部)メール:abc@ne.jp携帯電話:090-1234-5678』
メールアドレスはできる限り携帯電話以外のもので、就職用としても使用できるように、あまりに個人的なアドレスではないようなものを用意しましょう。

☆必ず件名を書きましょう
『企業訪問のお礼と感想(○○大学□□花子)』など、簡潔にわかりやすくしましょう。
文章の書き方としては、改行や文章の行間などは適度に取り、カタカナや小文字を乱用しないように、ましてや顔文字などは使わないように気をつけましょう。

そんなのは常識と思っていても、普段使いの言葉などは予測変換などでも一番に出てきてしまいますので、必ず最後に文章の見直しをすることです。
できれば、一度自分のアドレスに送信してみて、送信されるとどのように改行などされて送られるのかということなどもチェックしてみると良いでしょう。
普段から使い慣れているメールという機能ですが、コミュニケーション手段であるということを忘れずにおくようにしましょう。

企業の方ともコミュニケーションをとるための手段でもありますので、堅苦しくなりすぎず(長くならないように)、簡潔にスマートに使いこなせるようになりましょう。