面接

好まれる自己PRとは
志望動機は重要
説明会は何度も行く?
企業説明会のマナー
メールの一般常識
セミナーとは
応募方法とは
面接で気をつけること
履歴書を使いまわし?
履歴書をコピー?

就職活動の履歴書を使いまわししても良い?

就職活動を行う際に必ず必要となる書類として履歴書があります。
履歴書を書く際に、とても神経を使うものですので、何十社もの企業に応募するにあたって毎回履歴書を書くというのは、とても時間と精神力を使うものです。
ですが、だからと言って違う企業に提出する書類なのに、使い回しをしても良いものでしょうか。
それぞれの企業に対して、自分のPRするポイントも志望理由も違うのが普通でしょうから、使いまわすことはするべきではないでしょう。

1社ごとに気持ちを込めて丁寧に書くことが大事です。
字は綺麗なことに越したことはありませんが、字が上手い下手というのは実は関係ありません。
たくさんの字を見ている人だからこそ、その字が丁寧に気持ちを込めて書かれたものであるか、流れ作業のように書かれたものであるのかはわかるからです。

また、字を書くことが苦手な人はゲルインクボールペンを使うことをおおススメします。
水性ボールペンのような滑らかな書き味ですが、耐水性ですので安心です。

履歴書を書き始める前に、まず印鑑を押してしまうことが良いでしょう。
印鑑も真っ直ぐ丁寧に押すべきですが、通常は印鑑を押すことに慣れていませんので、意外と綺麗に押せないものです。
せっかく時間をかけて丁寧に書き上げた履歴書の最後に印鑑を押して、失敗してしまったら…ですから、印鑑を押す正式な書類には通常は最後に印鑑を押すものですが、
履歴書に関してははじめに押したほうが無難です。

履歴書の使いまわしは、日に何十通、何百通と書類を見ている担当者には、どんなに折り目などなく綺麗な状態であろうと、使いまわしであるということは見抜かれるものです。

最後に、完成した履歴書は必ずコピーを取っておくようにしましょう。
面接などでは、提出された履歴書を手元に見ながら質疑応答などが行われます。
履歴書に書いていた内容と全く異なったことを言ってしまうことのないように、面接試験の前などに一度見直しておくようにすると良いでしょう。