面接

好まれる自己PRとは
志望動機は重要
説明会は何度も行く?
企業説明会のマナー
メールの一般常識
セミナーとは
応募方法とは
面接で気をつけること
履歴書を使いまわし?
履歴書をコピー?

就職活動で好まれる自己PRとは

就職活動を行う際、就職希望者を選考する側のことを考えることがまず大事です。
就職活動で始めの選考となるのはほとんどの場合が書類審査であり、その次のステップとして面接があります。
書類では何百何千通もの応募書類を比較し、また面接ではほんの数分という短い時間で相手に好印象を与えることが必要となります。もちろん就活の面接においては、スーツやメイクでも印象が変わります。


では、自己PRとして何を伝えられることがベストなのでしょうか。
1番はやはり熱意ではないでしょうか。
会社側としては、その人材が会社に入社することによって利益となり得るかを判断するわけで、その人材が会社に入ることによって、会社にはどういうメリットが
あるのかということが重要なわけです。
そのことを考えると、やはり『この会社で働く』という意思、熱意の感じられない人材は選考の第一段階にも引っかからないと言えます。

就職先に好まれるPRは、正直、就職先の企業によって異なってくるでしょう。
いわゆるベンチャー企業のような会社であれば、『これだけ新しい発想ができる!』などという自分は人と違うということがアピールにもなりますが、
決まった事をすばやく正確にできることを求めるような企業では、自分は違うことができるというPRは向いているとは言えません。

応募先によってPRすべき内容は異なってくるものではありますが、1つだけ必ず必要と言えるのは、やはり熱意なのです。
また、先にも述べましたがエントリーシートを読んでもらえるか、短い面接時間で印象に残すことができるかは、自己PR分の第一文で決まると言っても過言ではありません。
この人の話を読みたい、聞きたいと思ってもらうためには最初の一文がとても大切になるからです。
はじめの一言で、『御社を通じて社会に貢献したい』『私の強みはコミュニケーション力です』などという就職希望者の数人に一人は言うであろうマニュアル通りな答えをせず、
自分の言葉で他の人とは違った事を言えると良いでしょう。
また、就活の服装にも気を付けるようにしましょう。